居酒屋発掘冒険日記

復刻!大衆居酒屋の魅力とは?

復刻!大衆居酒屋の魅力とは?「居酒屋」という単語を聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか?
「騒がしい」とか「ちょっとコスパが…」という人が多いのではないでしょうか。
確かに、普通の居酒屋は少しコストが高いイメージがあります。
ですが、最近は、和食の居酒屋の中に大衆居酒屋が復刻してきており、それが「居酒屋なのに安い!」という理由でブームになっているのです。
大衆居酒屋と言うと、路地裏に入ったところにあるちょっと寂れたお店…を想像するかもしれませんが、最近の大衆居酒屋はそうではありません。
確かに普通の和食の居酒屋などから比べると敷地面積も狭くなっていることが多いのですが、中を覗くと活気とお客さんで溢れかえっています。
なぜ、こんなにも大衆居酒屋が人気なのか、その理由はやはり「コストが安いこと」です。
大衆居酒屋は通常の和食の居酒屋に比べるとかなりコストが安くなっています。
客単価で考えると、通常の和食の居酒屋は3000〜3500円程度ですが、大衆居酒屋の場合は2000〜2500円程度なのです。
この圧倒的な安さが大衆居酒屋の人気の秘密です。
そしてもうひとつの秘密が「双方にメリットがある」ことです。
これはどういうことかというと、お客さんとお店、それぞれにメリットがあるということです。
お客さんは安くて美味しいものが食べられるので得がありますし、お店側は売りたいものをはっきりとさせることでお店の回りを効率化し、より売上を大きくすることができます。
こうして双方にメリットがあるからこそ、大衆居酒屋というのはブームになったのでしょう。
ちなみに、敷地の狭い大衆居酒屋はほとんどが立ち飲みです。
ちょっと古いイメージがありますが、落ち着いた雰囲気で楽しむ…という現代のコンセプトから少し外れ、古きよき時代に多くの人たちが楽しんだであろうスタイルを復刻することによって、逆に新しい風を入れているとも言えます。
古くからあるものを、時代に合わせた新しさを交えつつ復刻させる…これもまた、商売の形なのです。
ふらっと立ち寄って仲間内で楽しく飲んで、でもお財布には響かない…そんなお父さん世代の理想のスタイルがこの大衆居酒屋なのでしょう。
さらにお財布に厳しい女性客も大衆居酒屋はゲットすることに成功しています。
さびれすぎない雰囲気とふらっと立ち寄れるその気軽さは、働く女性たちの心さえも掴んでしまったのです。
ちょっと飲みたいその時に使える大衆居酒屋、ゆっくりとした雰囲気のあるところで飲みたいときに使える和食の居酒屋、この2つを使い分けることでよりお酒の席は楽しくなっていくことでしょう。


Copyright(c) 2018 居酒屋発掘冒険日記 All Rights Reserved.