居酒屋発掘冒険日記

人気の大衆居酒屋について

人気の大衆居酒屋について古くて新しい…それは古き良き時代にあったものを、現代にも合うように少しだけ風合いを変えて復刻させたものを指すときによく利用されます。
これは、大衆居酒屋にもあてはまります。
大衆居酒屋とは、よくある和食の居酒屋とは違う雰囲気を持っています。
今のゆっくりくつろげる雰囲気とは違い、昭和の下町にあったような、みんなでわいわい飲めるような雰囲気のそんな居酒屋が大衆居酒屋です。
さらに特徴をあげるとすれば、ほとんどの大衆居酒屋が敷地が狭く、また立ち飲みが多いということです。
その代わり、コストはかなり安く設定されていて、客単価だけで見ると従来の和食の居酒屋に比べると1000円近く安くなっています。
仕事帰りにふらっと立ち寄れる…そんなイメージがある大衆居酒屋ですが、いくつかデメリットとなる面もあるので、そこもきちんと理解しておきましょう。
まずは立ち飲みであるということです。
座る席はほとんどないと思ったほうがいいでしょう。
なので足が疲れている時などには不向きである可能性が高くあります。
また、かなりガヤガヤとして騒がしいこともデメリットになることがあります。
そういう雰囲気が好きではない、という人はどんなにコスパがよくても足を運ばないことが無難な選択です。
また狭い、というのも挙げられます。
混雑しているときは密集率も高くなるので、人と接触してしまう可能性も大いにあります。
それが苦手な人にはオススメできません。
逆にガヤガヤしている雰囲気が好きだったり、誰とでも仲良くなれちゃうような人は非常に向いています。
マスターをしている人も気さくな人が多いので、仲良くなっておくとちょっとしたサービスが受けられることもあります。
古くて新しい、とはいえ、やはり昭和の下町のような雰囲気を持つ場所ですから、好き嫌いがあるでしょう。
カップルで行くというのはあまりオススメできませんが、一人で安く飲みたいときや仲のいい友達や職場仲間たちと楽しく飲むには非常に適した場所です。
メリット、デメリット、そのお店の特徴などをきちんと理解すれば、安く楽しくお酒が飲める場所です。
メニューも看板メニューなどが決まっていて、品数が逆に少ないので「どれにしよう」と迷うこともありません。
自分なりの大衆居酒屋の楽しみ方を見つけてみるのも面白いでしょう。
ちなみに大衆居酒屋で知り合ってそこから親しくなった、なんていう人もいるそうですよ。
もしかしたら思わぬ出会いの場になるのかもしれませんね。


Copyright(c) 2018 居酒屋発掘冒険日記 All Rights Reserved.