居酒屋発掘冒険日記

大衆的な社交場としての機能

大衆的な社交場としての機能喫茶店やファーストフード店、一般的なレストランなどと違って、居酒屋やバー、パブなどの飲食店では、簡単な料理がメニューに載ってはいるものの、主として酒類を提供するという特徴があります。
それらの中で、バーやパブと、居酒屋とは、その名称からも察しがつくように、店舗のエクステリアやインテリア、提供するアルコールや料理がそれぞれ洋風、和風になっている傾向があります。
居酒屋は、大衆的な雰囲気のある気軽な社交場として機能していることが多く、高級感やお洒落な雰囲気よりも、むしろ何処となくうらぶれたようなイメージを売り物にしているケースが少なからず見受けられます。
現代に於ける和食の居酒屋のルーツをたどると、江戸期にまでさかのぼる必要があります。
江戸時代に存在したある酒販売店で、最初は酒の量り売りだけをしていたものの、いつしか、その場で客に酒を飲ませたり、酒の肴を振る舞ったりするようになったのが、居酒屋の起源だと言われております。
現在でも、酒屋は、主として酒類の販売をおこなうのに対して、居酒屋では、「店に居続けて飲む」というスタイルのサービスが提供されています。
また、酒類の販売店と、居酒屋のサービスを併せ持つ「立ち飲みスタンド」と呼ばれる店舗は、今でも存在し、気軽に利用する事の出来る大衆的な社交場としてにぎわっているところもあるようです。
かつての時代には、居酒屋を利用するのは、仕事帰りのサラリーマンと相場が決まっていたそうです。
しかしながら、最近では、「男女同権」や「男女雇用機会の均等化」などのスローガンを掲げた運動、女性の社会進出が活発化し、ビジネスシーンで男性以上に活躍する女性も数多く登場してきております。
また、そのような状況の中で、男性会社員に好まれるうらぶれた雰囲気の店舗で、日本酒を提供するスタイルから、女性の利用を想定した、お洒落な店内装飾をほどこし、チューハイ、ワインを振る舞うようになったところもめずらしくないそうです。
居酒屋では、高級料亭に見られるような厳粛な雰囲気は漂っておらず、比較的リーズナブルな値段設定がなされているため、大人数が集まって、少々騒いだとしても問題が無く、一般庶民が気軽に利用出来るという特徴があります。
その辺りの事情から、学生や社会人などのグループが、何かしらの名目でコンパや宴会、飲み会、パーティーを開く際に、居酒屋が利用されるケースは少なくありません。


Copyright(c) 2018 居酒屋発掘冒険日記 All Rights Reserved.